«準決勝: 渡辺 竜二(千葉) vs 山下 秀敏(東京) 最新

LMC Championships 2009


決勝: 増野 良輔(茨城) vs 山下 秀敏(東京)

Written by Yusuke Isayama

シングルエリミネーション開始前に、増野に自信のほどを聞いてみた。

増野 「いやー、一没っしょ。勝てるわけねーよ(笑)」

第二世代ヒール代表の門田 真一(千葉)を片手でひねった増野は、気が付けば決勝の椅子に座っている。さすがは幻術士、巧みに己の実力を隠す。

使用するデッキは「ブン周りしか見えない」がタイトルのバント。

対する山下は、ジャンドタッチ白を選択。

普段は PWC に参加している山下だが、LMC に来たときは高確率で Top 8 に進出していると、筆者は記憶している。増野には幻術があるかもしれないが、山下には確たる実力がある。

泣いても笑っても最後のマッチアップ。どちらが泣き、どちらが笑うのか。

Game 1

山下 秀敏
山下 秀敏

両者マリガン無し。

増野は《貴族の教主》から《ロウクスの戦修道士》の必勝パターン。山下の《終止》で処理されるが、《ロウクスの戦修道士》おかわりが増野の場に出る。

山下は《血編み髪のエルフ》《稲妻》をプレイ、《貴族の教主》を消しに行くが、増野は自分の《貴族の教主》《流刑への道》を打ちマナを加速させる。続けてプレイされた《チャンドラ・ナラー》《否認》と、除去の連打を交わす増野。しかも、山下がフルタップした隙を突いて《数多のラフィーク》をプレイし、ダメージレースを大有利にする。

6 マナに到達した山下は《徴兵されたワーム》をプレイ、続唱から《荒廃稲妻》をプレイ。5/5 のファッティで場を止めると共に、増野の手札を 0 にすることでこれ以上の抵抗を封じる。

一度は増野に傾いた流れを自分に引き込み始める。

と、思わせるのが増野の幻術。

トップからピンポイントの回答である《不屈の随員》を引き込んで《極楽鳥》で 2 点パンチを始める。

これをどうする事もできない山下、《不屈の随員》でがっちり守られた可愛い鳥さんを睨みつつ、カードを片付けた。

増野 1 - 0 山下


増野のサイドボーディング

in
2 《精神の制御》
out
2 《ビヒモスの大鎚》

山下のサイドボーディング

in
3 《マラキールの血魔女》
1 《大渦の脈動》
out
2 《荒廃稲妻》
1 《チャンドラ・ナラー》
1 《徴兵されたワーム》

Game2

土地 4 枚、《不屈の随員》《数多のラフィーク》《否認》のゆっくり手札をキープした増野、大丈夫なのだろうか?

反対に山下の動きは実に素早い。まずは《芽吹くトリナクス》、続くターンに《血編み髪のエルフ》から《大渦の脈動》で増野の《不屈の随員》を除去。

《マラキールの血魔女》まで展開してひたすらアタック、完膚なきまでに増野を叩き潰した。

増野 1 - 1 山下


増野のサイドボーディング

in
3 《天界の粛清》
out
1 《流刑への道》
1 《野生語りのガラク》
1 《数多のラフィーク》

Game 3

増野 良輔
増野 良輔

土地 5、《ロウクスの戦修道士》《遍歴の騎士、エルズペス》という手札をマリガンした増野。同時に土地が 2 枚しかない手札をマリガンした山下。

両者マリガン後の手札はまずまずと言ったところ。

増野は Game 1 と同じように《貴族の教主》からスタート。1 点のダメージを与えたあと、2 枚目の《貴族の教主》を場に出すという、ギャラリーに笑いを提供してくれるプレイ。

ギャラリーには笑いを提供した増野だったが、山下に提供したのは「悪斬」の文字。

3 ターン目、増野の場に舞い降りる《悪斬の天使》

ジャンドというデッキの特性上、本来ならすぐに退場するこの天使だが、マリガンが利いているのか除去が無い山下。《芽吹くトリナクス》をプレイするに留まり、賛美された《悪斬の天使》に 2 度の攻撃を許してしまう。

もう後が無い山下の後ろに、ギャラリーが付く。声には出さないが、視線が山下の勝利を願っている。

そのギャラリーから力をもらったか《大渦の脈動》をトップデック。山下の顔に希望が挿す。

しかし、山下は第一関門を突破したに過ぎない。

増野は 4 マナを立てており、Game 1 では《否認》を見ている。もし増野が《否認》を持っていれば、残された選択肢は投了か敗北しかない。どちらも許容しがたい選択肢である。

それに気が付いた山下だったが、他にできることは無い。祈るように、増野の顔を見ないように《大渦の脈動》を打ち込む山下。

増野は残念そうに《悪斬の天使》を墓地に置く。

まだいける、気を持ち直した山下。

最速で《悪斬の天使》を出した増野だったが、その分手札を消耗しており、しかも今の一件でカウンターが無いことが分かった。戦いはこれからだ。誰もがそう思っただろう。

それが、それこそが、増野の幻術の真骨頂。

垂直落下してくる《悪斬の天使》

Baneslayer Angel

瞳孔が開いているのではないかと思うほどの表情をした山下は、2 度目のトップデッキが叶わなかったことを知ると投了の意思を伝えた。

増野の手札には、さらなる《悪斬の天使》が控えていたことなど、知るよしもなかったのだった。

増野 2 - 1 山下


優勝おめでとう! 増野 良輔!!

Tags: Report

編集