«ミスター LMC ショートインタビュー:田部 敬太(千葉.. 最新 準決勝: 増野 良輔(茨城) vs 萩原 紀幸(千葉)»

LMC Championships 2009


準々決勝: 山本 定明(千葉) vs 渡辺 竜二(千葉)

Written by Yusuke Isayama

メガネにスーツ。正装で会場に現れた渡辺は、ともにスーツで挑んだ第二世代の仲間たちの想いを背負って、Top 8 のテーブルについている。

若頭と第二世代

ゼンディカー参入直後の LMC こそ優勝した渡辺だったが、その後まるで勝つことができず苦しい日々を送ってきた。

しかし、今日この大一番で Top 8 に残ることができたという事実が示しているのは、今までに積み重ねてきた努力の量だろう。優勝したときのゲンを担ぎ、最近まで使っていたタッチ白のジャンドをやめて純正ジャンドを使用している。

一方の山本も、同じ純正のジャンドを使用している。

山本 「成毛さんと決勝で会うんだ!」

練習相手でもあり友人でもあり、同時にライバルでもある成毛 貴光(千葉)との約束を果たすため、龍王は自らを鼓舞する。

山本のデッキはジャンドでは珍しい《極楽鳥》が搭載されており、マナ加速によって先手後手を入れ替える作戦を擁している。《極楽鳥》がどのようにゲームに絡んでくるのかが気になるマッチアップである。

Game 1

「龍王」山本 定明
「龍王」山本 定明

後手の渡辺がワンマリガン。お互い一歩も譲ることなく《朽ちゆくヒル》を展開する。

と思ったら山本、3 枚目の土地を置くことなくターンを終了、渡辺の《荒廃稲妻》が追撃をかける。

《極楽鳥》を出して危ういながらも 3 マナを確保した山本だったが、その間にダメージをたたき出した渡辺が一本目を手にした。

山本 0 - 1 渡辺


渡辺のサイドボーディング

in
4 《ゴブリンの廃墟飛ばし》
1 《思考の大出血》
1 《チャンドラ・ナラー》
out
4 《朽ちゆくヒル》
2 《大渦の脈動》

山本のサイドボーディング

in
4 《大貂皮鹿》
2 《思考の大出血》
out
4 《朽ちゆくヒル》
2 《終止》

Game 2

山本の《極楽鳥》からスタート。今度は順当に土地を置き、3 ターン目に《芽吹くトリナクス》をプレイ。

対する渡辺は 3 ターン目に《荒廃稲妻》をプレイ、先攻かつ《極楽鳥》で減った山本の手札を大きく削り取る。

返すターンで山本は《血編み髪のエルフ》をプレイ、続唱で《荒廃稲妻》をめくり渡辺にお返しを。

山本の土地が 3 枚で止まっているのを見た渡辺、《ゴブリンの廃墟飛ばし》キッカーで山本の《根縛りの岩山》を潰す。

土地の量では優位に立った渡辺だが、後手かつ《血編み髪のエルフ》の攻撃と《荒廃稲妻》でライフが危険域に入っている。

畳み掛ける山本は 2 枚目の《血編み髪のエルフ》をプレイ、続唱でこれまた 2 枚目の《荒廃稲妻》を打ち込み、1 にまで減った渡辺のライフを 3 枚目の《荒廃稲妻》で削りきった。

山本 1 - 1 渡辺


Game 3

渡辺 竜二
渡辺 竜二

ビハインドで迎えた最終戦、先攻を得た渡辺は迷うことなくキープ。山本もしばしあってキープを宣言。

渡辺は《荒廃稲妻》で山本の《瀝青破》《若き群れのドラゴン》を抜き、《血編み髪のエルフ》から《芽吹くトリナクス》を追加する圧巻の動き。

対する山本も《極楽鳥》から《血編み髪のエルフ》をプレイ、続唱でまたしても《荒廃稲妻》をプレイし、《巨森、オラン=リーフ》で強化、ブロッカーとして立たせる。

渡辺は強気に攻める。《芽吹くトリナクス》《血編み髪のエルフ》で攻撃、山本は《血編み髪のエルフ》の相打ちを選択する。

これを受けて渡辺は数分間考える。手札にある《思考の大出血》で山本のデッキからパーツを抜くか、《芽吹くトリナクス》をプレイするか、《大貂皮鹿》をプレイするか。

悩んだ渡辺が選択したのは、2 体目の《芽吹くトリナクス》のプレイ、そして《巨森、オラン=リーフ》による強化だった。

何もしない山本に 2 体の《芽吹くトリナクス》が襲いかかる。

山本はこれを《瀝青破》で迎え撃ち、見飽きるほど打った《荒廃稲妻》をプレイ。これにより渡辺の手札は 1 枚となるが、なんとこの 1 枚が《荒廃稲妻》

ライフも手札も削り落とされた山本、祈りを込めて《若き群れのドラゴン》を引きに右手を山札に乗せるが……

そこに解答は用意されていなかった。

山本 1 - 2 渡辺

Tags: Report

編集