«デッキブレイクダウン 最新 ラウンド 8: 仙波 恒太郎(千葉) vs 鈴木 大輝(..»

LMC Championships 2009


ラウンド 7: 成毛 貴光(千葉) vs 関 藤雄(茨城)

Written by Youhei Tomizawa

全勝者成毛と 1 敗の関。決勝 Round へは 1 敗 1 分けがラインであると思われるため、関としては後がない。

デックは両者純正ジャンド。どちらが続唱を持つカードを多く引けるか。またどちらが続唱で状況にあったカードを捲ることが出来るかによって勝敗が分かれる。

Game 1

成毛の手札:《血編み髪のエルフ》 2、《芽吹くトリナクス》《若き群れのドラゴン》、土地 3 枚。

先手成毛の《芽吹くトリナクス》でゲームがスタートした。

除去に耐性のあるこのカード、関は一体どう対処するのだろうか。

関は《大渦の脈動》をキャストし、トークンへと変える。手札に 2 枚目の《大渦の脈動》があるためだ。

成毛は《血編み髪のエルフ》をキャストし、続唱したのは《荒廃稲妻》《瀝青破》《若き群れのドラゴン》といった重いカードが墓地に落ちる。トークン 3 体、血編みで攻撃し 6 点。《荒廃稲妻》と合わせ、関のライフは 11。

2 枚目の《大渦の脈動》でトークンこそ対処出来たが、ダメージレースが不利過ぎる。

2 枚目の《血編み髪のエルフ》がキャストされ《芽吹くトリナクス》が捲れると、関はサイドボードに手を伸ばした。

成毛 1 - 0 関


Side

成毛

IN
2 《死の印》
3 《大貂皮鹿》
OUT
3 《朽ちゆくヒル》
1 《若き群れのドラゴン》
1 《大渦の脈動》

IN
4 《大貂皮鹿》
4 《ゴブリンの廃墟飛ばし》
OUT
4 《朽ちゆくヒル》
2 《終止》
1 《大渦の脈動》
1 《圧倒する雷》

Game 2

成毛の手札:《芽吹くトリナクス》《大貂皮鹿》《血編み髪のエルフ》《死の印》《山》×2 枚、《新緑の地下墓地》

関は《巨森、オラン=リーフ》《山》《山》とセット。黒マナが引けなかったのである。手札の《芽吹くトリナクス》が悲しそうに見つめている。

一方成毛は 3 ターン目のドローで《沼》を引き込み、《芽吹くトリナクス》。勢いの違いを感じさせるドローである。

土地まで止まってしまった関をあざ笑うように成毛は《血編み髪のエルフ》(続唱は《呪詛術士》)。

《呪詛術士》の能力、《芽吹くトリナクス》と合わせ、7 点のダメージを与える。

5 ターン目になんとか 4 枚目の土地を引くも、今の関には少し厳しい《野蛮な地》。さらに 1 ターン遅れることに。再びテイクし、残り 5。

待望のアンタップを経て 4 マナから《血編み髪のエルフ》をキャストするも、捲れたのは《大渦の脈動》。相手のクリーチャーを 1 体破壊し、成毛が何もないことを祈ることに。

成毛の手札は《死の印》を始めとし、《血編み髪のエルフ》など優良カードに溢れている。

関の土地がフルタップなのを確認すると、《稲妻》で相手の《血編み髪のエルフ》を破壊し、2 体のクリーチャーをレッドゾーンに置いた。

成毛 2 - 0 関

Tags: Report

編集