«ラウンド 4: 門田 真一(千葉) vs 小松 智史(千.. 最新 ラウンド 6: 田部 敬太(千葉) vs 萩原 紀幸(千..»

LMC Championships 2009


ラウンド 5: 増野 良輔(茨城) vs 門田 真一(千葉)

Written by Youhei Tomizawa

ここでフィーチャーされるのは初代 Draft Meister 門田と初代 Mr.LMC こと増野。知りあい同士ということで、開始前から会話が弾む。

デックは増野がバントビート、門田が青白ライブラリー破壊である。

Game 1

増野の手札:《貴族の教主》《不屈の随員》《野生語りのガラク》《遍歴の騎士、エルズペス》《森》《平地》《陽花弁の木立ち》

増野 良輔
増野 良輔

《貴族の教主》《不屈の随員》から《野生語りのガラク》と展開。《不屈の随員》が賛美パワーで 4 点のダメージを与えるブンブンなスタートの増野。

対する門田は境界石から《白蘭の騎士》《平地》をフェッチ、《吠えたける鉱山》。そう、門田のデックはライブラリーアウトなのだ。

門田のデックが明らかになり、眉をしかめる増野。

《不屈の随員》により除去、賛美により戦闘には有利な構成だが、軸をずらして勝負してくるデックには有効なカードがほとんどないためである。

待っていては仕方ないと《遍歴の騎士、エルズペス》をキャストするが、そこには《否認》が刺さる。

ビーストトークンと合わせ 2 体で攻撃し、フェッチを使っている門田のライフは 12 となる。

ノーアクションでターンエンドを宣言した門田。エンドにフェッチを起動した増野に対し、ここで《罠師の引き込み》をキャスト。

増野 「なにそれ? ちょっと見せて」

Archive Trap

目をパチクリする増野に対し、罠をサーチすることを告げると、手札と合わせ 3 枚の《書庫の罠》がキャストされる。増野の残りライブラリー枚数は 9 枚。

ドローフェイズで 7 枚。

全てのクリーチャーで攻撃し、残りは 3 となる。後は祈るのみである。

《審判の日》でリセットしたいが、《不屈の随員》がネックとなり、キャスト出来ない。

《ジェイス・ベレレン》で互いにドローするも、そこに《天使歌》はなく、増野が押し切る形となった。

増野 1 - 0 門田


Side

増野

IN
3 《光輝王の昇天》
OUT
2 《ビヒモスの大鎚》
1 《流刑への道》

門田

「めんどくさ」

の一言でサイドボードは終了。

Game 2

増野の手札:《貴族の教主》《ロウクスの戦修道士》《数多のラフィーク》《悪斬の天使》《霧深い雨林》、2 《陽花弁の木立ち》とブンブンを予感させる手札。

境界石を連打する門田に対し、《貴族の教主》《ロウクスの戦修道士》《数多のラフィーク》と流れるように展開する増野。

門田 真一
門田 真一

流石にこのままではゲームが終わってしまうため、《数多のラフィーク》には《流刑への道》。基本土地を探しながら

増野 「やべ、削られちまう」

とおどける。「いや、探すだろ」とギャラリーから談笑とともに、突っ込みが入る。これまた非常に千葉らしい一面だ。

《貴族の教主》の力で《ロウクスの戦修道士》が 4 点、5 点と削り、ライフは 11。1 戦目同様このまま押し切られてしまうのか?

Hedron Crab

門田もだてに運だけで Draft Meister を勝ったわけではない。ゼンディカーで登場した《面晶体のカニ》をキャストすると、《沸騰する小湖》で一挙に 6 枚削って見せる。フェッチの起動と返しのアタックで残りは 5。

早々と決着をつけたい増野は《否認》でもって《野生語りのガラク》を通す。

フルタップの隙をつき《審判の日》でリセットするが、ビーストトークン、《悪斬の天使》とまったく止まらない。

ドローを見ると、門田は右手を差し出した。

増野 2 - 0 門田


流石は Oliver Ruel(フランス)が認めた筋金入りの緑使い。相性差など感じさせない一戦であった。

増野 「まったく余裕でしたよ」

本心なのか、見栄なのか、真意は全く不明だが、いかにも増野らしい一言である。

Mr.LMC が構築戦において負けることは許されない。このまま優勝まで勝ち進め、増野。

Tags: Report

編集