«ラウンド 3: 菅谷 裕信(千葉) vs 熊谷 聡(神奈.. 最新 ラウンド 5: 増野 良輔(茨城) vs 門田 真一(千..»

LMC Championships 2009


ラウンド 4: 門田 真一(千葉) vs 小松 智史(千葉)

Written by Yusuke Isayama

今回のフィーチャーマッチの登場人物紹介といこう。

一人は先のドラフトマイスターで見事優勝を納めた門田だ。その引きの強さには定評があり、「積み込みだ!!」と一日に何度言われるか分からないほどである。

もう一人の小松は、高校生ながらミスの少ないプレイングの持ち主で LMC Top 8 常連の一人である。筆者もこの少年に何度も煮え湯を飲まされたことがある、侮り難い少年だ。両者の使用デッキは

小松:赤白上陸

門田:青白カニライブラリーアウト

となっている。

どちらもゼンディカーで戻ってきたフェッチランドをふんだんに使いビートダウンするデッキである。

重要なのは、ライフを攻めるのかライブラリーを攻めるのかの違いである。先に数を 0 にすることができるのは果たしてどちらか。

なお、門田の名誉のために言っておくが、門田は積み込みをしているわけではない。文句を言いたくなるほど引きの強さに定評があるだけ、である。イカサマをするプレイヤーは LMC ではマジックができないことを、この場を借りて強調しておきたい。

Game 1

小松 智史
小松 智史

後手の小松《先兵の精鋭》からのロケットスタート。

迎え撃つ門田は《白蘭の騎士》で先制攻撃をちらつかせつつ防御モード。

小松はこれを《稲妻》で退けつつダメージをたたき出す。

門田は解答を求めて《ジェイス・ベレレン》で両者ドロー。

手札を引きました小松、《ゴブリンの先達》《ぐらつく峰》で強化しつつ《ジェイス・ベレレン》を通り過ぎて本体を潰しにかかる。《ジェイス・ベレレン》に時間をかければ先にライブラリーがなくなるとの判断だろう。

4 枚目の土地を手に入れた門田、《審判の日》で場を平らにする。

これを受けて小松は《コーの空漁師》《ぐらつく峰》を回収し、2 枚目となる《ゴブリンの先達》をプレイ、先ほど戻した《ぐらつく峰》で強化して門田のライフを 6 にまで落とし込む。

門田も《流刑への道》でクリーチャーを除去し、《否認》で火力から身を守るのだが、キッカーを払った《ゴブリンの奇襲隊》の奇襲攻撃を受けてあえなく撃沈した。

ライブラリーよりも数が少ない、ライフを削った小松が先勝。

門田 0 - 1 小松


Game 2

両者マリガンなくキープ。

小松は《ステップのオオヤマネコ》からスタート、次のターンには《ぐらつく峰》で強化、さらに《先兵の精鋭》をプレイする。

が、《流刑への道》《本質の散乱》と後続をすべてシャットアウトされてしまう小松。土地をサーチしたところで《書庫の罠》が飛んで来たりと、門田の術中にはまりつつある。

Archive Trap

なんとか門田の呪縛から逃げたい小松、《イーオスのレインジャー》《ゴブリンの奇襲隊》《ステップのオオヤマネコ》を調達潰されたコマをライブラリーから調達する。

ここで頭をかすめるのは《書庫の罠》の存在である。

ライブラリーを探すことが多い赤白上陸デッキにおいては大抵の場合 0 マナでキャストすることができるため、気を抜いたらライブラリーが0になった、などということもありえるだろう。

サーチするたびに肝が冷える。

小松の動きを見てた門田は《白蘭の騎士》で土地を伸ばしつつ、先制攻撃の壁を作り出す。

小松はこれを突破するために《ステップのオオヤマネコ》を出した後フェッチランドをプレイ、キッカー込みで《ゴブリンの奇襲隊》を場に出して門田に突っ込むが、またしても《流刑への道》によって《ステップのオオヤマネコ》を処理されたために大幅にダメージを軽減されてしまう。

ここで余裕があると見た門田、《白蘭の騎士》で再度土地を伸ばしつつ《イーオスのレインジャー》でこちらは《面晶体のカニ》を調達する。

小松のライブラリーに危険が迫る。

が、門田のライフにも危険が迫っているため、小松は幾度となくレッドゾーンへとクリーチャーを運ぶ。

一度でも通れば小松の勝ちだ。

ったのだが、門田の《流刑への道》連打の前に行く手を阻まれた小松、気がつけばライブラリーは全て墓地に置かれていた。

門田 1 - 1 小松


Game 3

門田 真一
門田 真一

小松、またしても《ステップのオオヤマネコ》からのスタート。フェッチランドを起動して 4 点のダメージを門田に与えつつ、《先兵の精鋭》を場に追加する。

のだが、3 枚目の土地がおけない小松、門田が出した《白蘭の騎士》の前に攻めが止まってしまう。

チャンスを得た門田、《面晶体のカニ》をプレイしてフェッチランドを連続でプレイ、《イーオスのレインジャー》でさらに《面晶体のカニ》を手札に加える。

3 枚目の土地を引いた小松、《地震》《ステップのオオヤマネコ》以外のクリーチャーを全て除去し、門田のチャンスタイムに終わりを告げる。

が、ここで今までと違うのは門田のライフである。

小松のライブラリーが目に見えて薄くなっているうえ、門田のライフはまだ 9 もある。

小松が土地を引いて門田のライフを持って行くのが先か。

門田がカニパワーで削りきるのが先か。

両者の削り魂が激突する!!

と筆者はわくわくしていたのだが、あっさりと《書庫の罠》を引き当てた門田、残り 11 枚の小松のライブラリーを削り落としてターンを渡した。

さすが第二世代ヒール代表、引きがえげつない。

門田 2 - 1 小松

Tags: Report

編集