«ラウンド 2: 川口 貴寛(千葉) vs 有田 隆一(千.. 最新 ラウンド 4: 門田 真一(千葉) vs 小松 智史(千..»

LMC Championships 2009


ラウンド 3: 菅谷 裕信(千葉) vs 熊谷 聡(神奈川)

Written by Daisuke Kawasaki

Bye 2 が明けて、ほとんどのメンバーが揃ったラウンド 3。このラウンドでフィーチャーするのは、グランプリ・マニラ覇者にして「魔界の貴公子」であり千葉最強の白使いと目される菅谷 裕信(千葉)である。

当然、ジャンド一強と言われるこの環境でも、使用するデックは白単であり、このデック選択への迷いのなさが、菅谷がくせ者揃いの魔界でもひときわ異彩をはなっている理由であろう。

対する熊谷 聡(神奈川)が使用するデックは、強力続唱クリーチャー《血編み髪のエルフ》のもうひとつの側面、つまりはクリーチャー種族であるエルフをフィーチャーした赤緑エルフ。

ジャンドをはじめとしたコントロール対決がそこら中で行われている中での、びっくりどっきりビートダウン対決。環境最速の名を獲得するのはどちらか。

Game 1

熊谷 聡
熊谷 聡

数回の引き分けによる、長いダイスロールの後に、先手は熊谷。

1 ターン目に《ラノワールのエルフ》、2 ターン目《ニッサに選ばれし者》というスタートの熊谷に対して、菅谷は 2 ターン目の《白騎士》で対抗する。

しかし、この《白騎士》《稲妻》の格好の標的となり、さらに続いて《大貂皮鹿》が熊谷の戦場に追加される。

劣勢を強いられる菅谷だが、しかし、そこは菅谷。セットランド前に《白蘭の騎士》をキャストし、《平地》をサーチ。さらに《平地》をセットランドすることで、マナをジャンプアップさせると、《清浄の名誉》をキャストする。

これで、《白蘭の騎士》のサイズは 3/3。これを熊谷のクリーチャーは突破できず、そして、手札に除去もなかったため、ただただターンを返すこととなる。

そこに登場するのが《守護熾天使》。この飛行クリーチャーが確実なクロックとして熊谷のライフを削りはじめる。

さらに《天球儀》で細かくアドバンテージを稼ぐ菅谷に対して、《エルフの大ドルイド》をキャストする熊谷。

しかし、大量のマナが出ても、手札がなければどうにもならず、そして、サイズのアップも、2 枚目の《清浄の名誉》で帳消しにされてしまうと、熊谷は 2 枚 目の《守護熾天使》を前に土地を片付けることしかできないのだった。

菅谷 1 - 0 熊谷


Game 2

「魔界の貴公子」菅谷 裕信
「魔界の貴公子」菅谷 裕信

お互いにマリガンの後、熊谷は《巨森、オラン=リーフ》、菅谷は《空の遺跡、エメリア》をセットするスタート。ゼンディカーのこれらの土地は見た目以上に強力である。

その証拠に、2 ターン目に熊谷がキャストした《ラノワールのエルフ》はすぐさま、+1/+1 カウンターによって 2/2 となり、菅谷のキャストした《白騎士》へと《稲妻》を食らわせつつ、クロックを積み重ねる。

菅谷は 2 体目の《白騎士》によって、なんとか地上を留めたかに見えたのだが、熊谷は、今度は《ニッサに選ばれし者》をキャストし+1/+1 カウンターをのせる。ただでさえ、これで《白騎士》を楽に乗り越えられてしまう上に、2 枚目の《巨森、オラン=リーフ》が登場する。

いったんは《審判の日》でながした菅谷だが、返しのターンに《大貂皮鹿》が+1/+1 カウンターを 2 個載せて登場する。

《血編み髪のエルフ》が登場してこなかったことに、ほっと胸をなで下ろした菅谷は、ここで《悪斬の天使》をキャストする。

熊谷 「《悪斬の天使》なんとかしないと……」

しかし、なんともならないものはなんともならない。

続いて《征服者の誓約》、そして《軍部政変》 X=4 とトークンを量産されてしまったことで、熊谷は本格的にどうにもならないのだった。

菅谷 2 - 0 熊谷


ちなみに、菅谷のデックは、対戦中に出てきた《守護熾天使》《悪斬の天使》に加えて、メインボードには《エメリアの天使》、サイドボードに《エメリアの盾、イオナ》と、4 種類の天使を投入したエンジェルスペシャル。

果たして、この魔界にも天使の加護は通用するのだろうか。

Tags: Report

編集