«ラウンド 1: 十文字 諒(東京) vs 柳田 祐也(千.. 最新 ラウンド 3: 菅谷 裕信(千葉) vs 熊谷 聡(神奈..»

LMC Championships 2009


ラウンド 2: 川口 貴寛(千葉) vs 有田 隆一(千葉)

Written by Youhei Tomizawa

「緊張するな」という川口とは対照的に、余裕綽々の有田。気持ちだけでなく、デックまでもが正反対である。

川口のデックはジャンドメタのトリコロール。被覆を持つクリーチャーが多く、《瀝青破》《大渦の脈動》といった除去に非常に強い構成らしい。

有田のデックは富井 翼(東京)と仙波 垣太郎(千葉)シェアのタッチ白ジャンド。続唱カードを増やすことで、ミラーを意識したものとなっている。

Game 1

有田の手札:《国境地帯のレインジャー》《血編み髪のエルフ》、土地 5

《島》《平地》《山》から《急使の薬包》で手札を増やす。トリコロールカラーのコントロールデックを使う川口に対し、有田はタップイン連打から《国境地帯のレインジャー》。ここでもってきたのは《平地》

川口 貴寛
川口 貴寛

川口は《否定の壁》《ジェイス・ベレレン》と展開し、盤面を支えながらアドバンテージエンジンを完成。試合を支配しようとする。

有田も《復讐のアジャニ》で白マナを縛りながら、《荒廃稲妻》《ジェイス・ベレレン》を対象に取り 3 対 1 交換(捨てたのは《流刑への道》《沸騰する小湖》)。プレインズウォーカーに対し、このカードは本当に強い。

一方的に残った《復讐のアジャニ》が土地を拘束し続け、気がつけばカウンター数は 6。このままでは最終奥義を発動されてしまう。

川口はエンドに《稲妻》で忠誠カウンターを減らしたあと、《ジュワー島のスフィンクス》をキャストする。被覆能力を持つため、ジャンドデックが対処し辛い 1 枚である。

最後のひと仕事と、プレイヤーに 3 点ダメージを与え、残りを 7 とする。

返すターン《ジュワー島のスフィンクス》《復讐のアジャニ》を破壊し、《否定の壁》《芽吹くトリナクス》を抑え込む。

そして最終兵器《アラーラのオベリスク》

《復讐のアジャニ》《否認》され、ライフを 10 まで増やされると、土地を多めに引いた有田は投了。

緊張から多少のミスはあったものの、相性のよさを見せつけ川口が先取した。

川口 1 - 0 有田


Side

川口

IN
3 《天界の粛清》、3 《瞬間凍結》
OUT
3 《流刑への道》、3 《審判の日》

有田

IN
3 《強迫》、3 《大貂皮鹿》
OUT
3 《大渦の脈動》、1 《稲妻》、2 《流刑への道》

Game 2

有田の手札:《血編み髪のエルフ》、土地 6

ファーストドローで引き当てた《大貂皮鹿》を 3 ターン目にキャスト。

有田 隆一
有田 隆一

4 ターン目に《荒廃稲妻》をキャストするも、《否認》《稲妻》とテンポ良く対処されてしまう。

返しで川口は《復讐のアジャニ》で有田の土地を縛り始める。

《血編み髪のエルフ》《国境地帯のレインジャー》が捲れ、2 度攻撃することで《復讐のアジャニ》を破壊することに成功する。

今度は自分が使う《復讐のアジャニ》、続けて《強迫》をキャストする。見た手札は

《瞬間凍結》《否認》、土地

ここから《瞬間凍結》を捨てさる。だが。

《急使の薬包》から《思考の泉》 4 ドローに繋げられると、手札の差は歴然。《復讐のアジャニ》で土地は縛り、5 点のクロックはあるが、長引けば不利である。

残り 9 点のライフを削ろうと、攻撃から《復讐のアジャニ》の能力でプレイヤーに 3 点ダメージを与え残りは 4。頼むこのまま押し切りさせてくれと、有田の叫びが聞こえるようである。

だが、現実は無常だ。川口は《復讐のアジャニ》《天界の粛清》し、自分で使うために《復讐のアジャニ》をキャスト。《血編み髪のエルフ》を破壊し、ライフを 7 まで回復する。

有田がトップデックした《徴兵されたワーム》《二重否定》でかわす。流石にあれだけ引けば手札はカウンターに溢れているようだ。

だが続けてキャストした《血編み髪のエルフ》、続唱による《芽吹くトリナクス》)は通り、一気に 5 点ダメージ。川口の残りは 2。

手札の《否認》が否定したのは他でもない、川口自身だった。

川口 1 - 1 有田


Side

川口

IN
2 《妨げる光》
OUT
1 《否認》、1 《瞬間凍結》

Game3

有田の手札:《悪斬の天使》《大貂皮鹿》《復讐のアジャニ》《芽吹くトリナクス》《ジャングルの祭殿》《森》《沼》

有田 「これまでの土地 6 キープに比べたら、めっちゃいいハンドやで」

と上機嫌ぶりをアピール。

それもそのはず。除去呪文に耐性ある《芽吹くトリナクス》を 2 連打でキャストすることに成功したのだ。

一度ダメージを受け、16 となった所でエンドメインと 2 枚の《稲妻》を、2 体の《芽吹くトリナクス》にキャストする。

《審判の日》でリセットすることに成功するも、2 対 3 交換。美味しくない。

互いに《復讐のアジャニ》《ジェイス・ベレレン》とプレインズウォーカーを展開。

能動的に動かざるを得なくなった川口の隙をつき、《悪斬の天使》を通す。これには《流刑への道》で対処する。有田の予想した通りの展開であった。

Great Sable Stag

貴重な対処手段である《稲妻》《流刑への道》も使ってしまった。ライフは 16 と多いが、削り切られる前に引けるだろうか。

そしてあまりの嬉しさからか、《復讐のアジャニ》能力起動を忘れてしまう。

見ていた増野、高木といったギャラリーから、「だせー」の一言。真剣な中にも笑いが絶えない。非常に千葉らしい一面である。

この起動忘れは《ジュワー島のスフィンクス》が場に出ることを許してしまう。

《大貂皮鹿》の 3 点ダメージを与え、《強迫》で除いた手札は

《思考の泉》《復讐のアジャニ》《否認》《ジュワー島のスフィンクス》《妨げる光》

《思考の泉》を捨てさせ、キャストした《徴兵されたワーム》《悪斬の天使》と大当たり。いきなり 3 体のクリーチャーが出ることになった。

《徴兵されたワーム》《ジュワー島のスフィンクス》と相打つも一気に 8 点のダメージが入り、ライフは残り 5。

第 2 メインフェイズに入り《復讐のアジャニ》《稲妻》で削り切り、有田の勝利となった。

川口 1 - 2 有田


川口 「普通のジャンドなら、相性いいんですけどね。《徴兵されたワーム》がきつ過ぎました。」

と試合後に語ってくれた。続唱カードを増やされることもそうだが、5/5 というサイズが対処が困難なためである。

加えて 5 マナまでのスペルがキャスト出来る可能性がある。5 マナ以下には Game3 を決めた《悪斬の天使》を始め、《チャンドラ・ナラー》《復讐のアジャニ》といったパワーカードが犇めいている。

デック本来の強さを見せつけた有田と、想定外のカードに敗れてしまった川口。だがまだ Round 2 である。二人の今後に期待したい。

Tags: Report

編集