«2009 年度ミスター LMC 田部 敬太 最新 ラウンド 2: 川口 貴寛(千葉) vs 有田 隆一(千..»

LMC Championships 2009


ラウンド 1: 十文字 諒(東京) vs 柳田 祐也(千葉)

Written by Yusuke Isayama

ぎりぎりのところで権利をゲットした十文字、Bye こそないものの、最近の戦績は振るっているらしく、今回のマッチアップにも自信を見せている。

対する柳田、前回の LMCC では 2 Bye を所持していたのだが、仕事の都合とフットサルのしすぎで Bye 無しでの参加となった。デッキは普通のジャンドタッチ白なのだが、サイドボードにスパイスが隠されているらしいのでその点に是非とも注目したいところである。

さて、記念すべき第 1 回戦のゲーム内容を見ていこう。

Game 1

十文字 諒
十文字 諒

先攻の柳田、土地のないすばらしいハンドをマリガン。十文字のデッキカットのうまさを賞賛する。マリガン後の手札は渋々ながらキープ。

序盤はタップインを展開し、マナベースを整える両者。

先に動いたのは十文字、4 ターン目まで全く動かない柳田にディスカードで《エスパーの魔除け》を打ち込み、《瀝青破》と土地を捨てさせ、さらに自身のターンで《復讐のアジャニ》で柳田の土地を縛る。

柳田はこれを《大渦の脈動》で退け、次のターンには《若き群れのドラゴン》を繰り出して十文字のライフを削る。

いったんは攻撃を通した十文字だったが、《若き群れのドラゴン》《審判の日》で、《荒廃稲妻》《否認》でそれぞれ退けた後キッカー込みで《失われた真実のスフィンクス》をプレイ。何もできない柳田のライフを着実に削っていく。

完全にマウントを取った十文字、《残酷な根本原理》《悪斬の天使》と連打し、幸先良く 1 本目を手にした。

十文字 1 - 0 柳田


Game 2

柳田が 3 ターン目にキャストした《精神腐敗》が十文字に襲いかかる。スタンダードであまり見ることのないカードであるため、ギャラリーから驚きの声が漏れる。

さらに 4 ターン目には《荒廃稲妻》を突き刺し、十文字の手札を大きく削り、満を持して《マラキールの血魔女》を送り出す柳田。これは《二重否定》で打ち消されてしまうが、次のターンで《大貂皮鹿》を場に出しクロックを作りだす。

《エスパーの魔除け》で手札を整える十文字、柳田の《復讐のアジャニ》《否認》《否定の壁》を繰り出すなどしてとにかく耐える。

壁を乗り越えたい柳田、《徴兵されたワーム》をプレイ、《マラキールの血魔女》をめくり一気に打点を増やす。《大貂皮鹿》こそ《流刑への道》で処理した十文字だったが、手札破壊を連打された十文字には《若き群れのドラゴン》への解答がなかった。

十文字 1 - 1 柳田


Game 3

柳田 祐也
柳田 祐也

苦い顔をしつつキープを宣言した十文字に対し、即答でキープした柳田。この重要な 3 本目において、初手に対するレスポンスの違いがどのように現れるか。

Game 2 の再現のように連打される柳田の手札破壊を、今度は両方ともカウンターしてみせる十文字。

続唱も含めて都合 4 度の手札破壊を退けた十文字だったが、流石にカウンターが切れたか《マラキールの血魔女》を場に出してしまい、さらに柳田の《血編み髪のエルフ》《大貂皮鹿》をめくる。

《血編み髪のエルフ》こそ《二重否定》してみせた十文字だったが、《失われた真実のスフィンクス》でドローしても土地を引かないことに憤懣やるかたない様子である。

これぞチャンスと柳田は《大渦の脈動》《失われた真実のスフィンクス》を除去、一気に攻め込む。

キッカー込みの《噴出の稲妻》《マラキールの血魔女》を除去する十文字だったが、2 枚目の《マラキールの血魔女》を出された上白が 2 マナでなかった十文字、ここで敗北を認めた。

十文字 1 - 2 柳田

Tags: Report

編集